090金融(闇金)の特徴


悪徳業者に注意
紹介屋
+おとり広告
名義貸し
+対処方法
090金融(闇金)
+特徴
+危険な罠


特徴

まず、090金融は消費者金融と違い店舗を構えません。
お店を構えないということは、貸金業登録番号がない(貸金業登録番号は事業所を構えて
始めてもらえることになっております)イコール貸金業規正法違反となります。

貸付金が数万~十数万円(1万~30万円程度)と小口ということから、多重債務者が毎月の他社への返済の為に数万円借り入れるケースが多い様です。

そこでおとり広告に「あきらめないで!本日その場で即融資します」などといった
うたい文句のあるチラシなどを見た多重債務者は飛びついてきます。

それが090金融の狙いでもあります。

おとり広告を見て携帯に連絡をしてきた客に対し、090金融が聞く内容はこの通り。
(1) 名前(フルネーム)。
(2) 自宅に住所・電話番号。
(3) 会社の住所・電話番号。
(4) 親族の住所・電話番号。
(5) 携帯の番号。

お店を構えておりませんので、

自宅近所もしくは勤務先近くの喫茶店やファミリーレストラン、車の中などさまざまな場所での待ち合わせとなり、その場で希望金額が即借入れできます。

貸金業規正法では契約を結ぶ時は必ず書面の交付イコール契約書と領収書の発行をしなければなりませんが、もちろん審査など行っておりませんし契約書の発行もありません。

契約書の発行がないということは、債務者は実質年利もわかりません。

「借入れは即当日」ということは一見メリットにも見えますが、実質年利も分からず借りるイコール返済額が多大になる危険性がある
といった点で、デメリットは大きなものです。

返済が遅れた!という場合の取立ては計り知れない恐怖が待っております。


危険な罠→
TOPに戻る→