【法定金利について】




法定金利とは、金銭消費借貸契約における、法律で定めた上限金利のことです。

基本的には利息制限法で定めている金利(元本10万円未満は20%、元本10万円以上100万円未満は18%、元本100万円以上は15%)が適応されます。

しかし一定の条件が満たされている場合には、出資法が適応されて、上限金利は29.2%が上限とされます。

延滞の損害金は、この1.46倍まで利息制限法で決まっているので、29.2%となります。



戻る